ページ内移動用のリンクです


新しい広告デザイン

新しい広告デザイン

会社広告デザインを、新しくつくりました!
2019年1月1日より、会社広告を、以下のデザインで展開してまいります。
制作者はアーティストの野老朝雄さんです。 紋様をテーマに制作活動を続けられ、作品が東京2020オリンピック・パラリンピックの
エンブレムにも選出されました。


新会社広告デザイン コンセプト

当社は、「人とのつながり」を、さらに大切にしていきたいと考えております。 インターネットやAIが普及し、人との接点が希薄になりつつある現代社会。 定期的にボンベ配送やガス機器の点検などで、お客様と直接ふれあうことが出来るのが、LPガスに携わる私たちです。
今後さらに進む高齢化社会も他人事ではありません。 LPガスを通して、様々なご家庭のかたとご挨拶したり、お話しすることには、大きな社会的な意味があると考えます。 このデザインは 「 LPガスを通じて、人と人がつながる 」 社会を目指す姿勢を表しています。

野老 朝雄さんの思い

今回の広告デザインの依頼を受け、私が訪れたことのある被災地で、たくさんのLPガスボンベを目にしたことを思い出しました。そして、LPガスの利便性や重要性を再認識したのです。人の手から手へ届けられるLPガスは、ガスと同時に人間の温かさも届けることができます。それは、被災地で不安な生活を送る方々にとって、どんなに貴重なことでしょう。今回のデザインは、ENEOSグローブの 「人とのつながりを大切にしたい」 というメッセージに共感し、 「人(ひと)」 を表す [HITOBITの紋] で、どこまでも広がる、人のつながりをイメージして制作しました。 年齢や考えを超えて、人と人がつながる、多様性のある世界を願っています。


【プロフィール】 野老 朝雄  ASAO TOKOLO / アーティスト 1969年生まれ。
幼少期より建築を学び、江頭慎に師事。2001年より「繋げる事」をテーマに紋様の制作を始め、美術、建築、デザインの境界領域で活動を続ける。単純な幾何学原理に基づいて定規やコンパスで再現可能な紋と紋様の制作や、同様の原理を応用した立体物の設計/制作も行っている。
主な作品に、大名古屋ビルヂング下層部ファサードガラスパターン、東京2020オリンピック・パラリンピック エンブレム、大手町パーク ビルディングのための屋外彫刻作品等がある。